スポーツ

ダルビッシュ有がサイ・ヤング賞を獲得への条件!その凄さとはどのくらいか?

ダルビッシュ有がサイ・ヤング賞獲得に向けてさらに前進しました。

34歳にして、全盛期を上回るほどの”抜群”のピッチングを見せている、ダルビッシュ有ですが、25日(日本時間26日)にホワイトソックスの敵地ギャランティード・レート・フィールドにて先発しました。

結果は7回5奪三振3安打無失点と抜群の投球を見せました!

チームも10対0で完勝し、順位も単独で1位を維持しています。

 

そしてダルビッシュ有のサイ・ヤング賞獲得にさらに大きく一歩前進しました。

 

といったところで今回の記事では

・ダルビッシュ有のサイ・ヤング賞獲得への条件とは?

・サイ・ヤング賞獲得とはどのくらいすごいことなのか?

と言うことについてわかりやすく解説していきたいと思います!

 

ダルビッシュ有がサイ・ヤング賞を獲得への条件!

ここでは今後ダルビッシュ有がサイ・ヤング賞を取るために必要な条件についてご紹介していきます。

まず、サイ・ヤング賞には日本のプロ野球で言うところの沢村賞(アメリカで言うサイ・ヤング賞のようなもの)のように【15勝以上、防御率2.50以下、完投10試合以上、150奪三振以上】といった“選考基準”は存在していません

 

選考基準がないサイ・ヤング賞は先発ピッチャーだろうとリリーフ(抑え)ピッチャーだろうと関係なく受賞することができます。

とはいえ1956年の制定されたサイ・ヤング賞ではナショナルリーグ・アメリカンリーグそれぞれから毎年1人だけ選ばれるが、基本的には先発ピッチャーが選出される可能性が高いです。

 

サイ・ヤング賞獲得の条件とは?

とはいえもちろん適当に選ぶわけではないサイ・ヤング賞には時代に沿った選考基準があります。

基本的な考え方で行くと【勝利数・奪三振・防御率】といった3つのタイトルは重要なウエイトをしめています。

しかし、この3つのうちどれにウエイトを置くのか、これは時代によって変わってきています。

最近ではこの中で行くと“奪三振”にウエイトが置かれているのではないかと言われています。

 

そして、以前までは重要視されていたけど最近は重要視されなくなってしまったものというのがあります。

それは【チームの成績】です。

 

さらに最近はセイバー系のデータがかなり重要視されるようになったとか。

セイバー系のデータとは一体何か?

こちらにわかりやすい記事があったのでそちらを引用させていただきました。

 

投票者によって多少の違いはあれども、そこにWHIP(四球と安打を出す確率)やクオリティ・スタート(QS=6回以上3失点以下)やその率、被OPS(被出塁率+被長打率)やK/BB(三振と四球の割合)といった比較的、認知度の高い数字が考慮されるようになった。

他にもERC(Component ERA=実際の失点に基づいた防御率ではなく、与四球と被安打数から算出される防御率)やDIPS(Defense Independent Pitching Statistics)=被本塁打や奪三振、与四死球、フライボールやゴロ、ライナーを打たれる確率など、捕手以外の野手の能力と無関係に算出されるセイバーメトリクス系の数字も参考にされるようになった。

出典元:https://number.bunshun.jp/articles/-/841480

 

このようなデータを最近は使われるようになったので、単純に【勝利数・奪三振・防御率】と【チームの成績】で見ることはできなくなってきたと言うことです。

 

ダルビッシュ有がサイ・ヤング賞を獲るには?

と言うことでダルビッシュ有がサイ・ヤング賞を獲るには最終登板次第と言われてきました。

最終登板次第ではサイ・ヤング賞候補筆頭になるのではないかと言われてきたダルビッシュ有でした。

そこで先日行われた最終登板が鍵となりました。

結果見事なピッチングを果たしたダルビッシュ有は【最多勝】のタイトルが確定しました。

その他、現時点では奪三振ではリーグ3位、防御率はリーグ2位となっています。

この数字を見ると3部門ともに3位以上となっていますが、最大のライバルと思われるレッズ・バウアーは奪三振と防御率でリーグ2冠となっています。

これがどのように響いて来るのか・・・。

ダルビッシュ有がサイ・ヤング賞を獲るために必要な条件とは先ほどポイントとご説明したセイバー系のデータ次第・・・ではないかと思われます。

サイ・ヤング賞獲得はどのくらいすごいのか?

サイ・ヤング賞を獲得とは一体どれほどすごいことなのか?

これは先ほども書きましたが、この賞は日本のプロ野球で言うところの”沢村賞”と言われています。

さらにメジャーリーグで日本人がサイ・ヤング賞を獲得したことは今までに一度もありません。

日本からは野茂英雄をはじめ松坂大輔や田中将大などなど偉大なピッチャーが何人もメジャーで活躍してきました。

その中で誰もサイ・ヤング賞を獲得できなかった・・・。

これだけでサイ・ヤング賞を獲ることがどれほどすごいことなのかわかります。

 

さらにダルビッシュ有がサイ・ヤング賞を獲得したとするとメジャーの”サイ・ヤング賞”そして日本の”沢村賞”アメリカの野球の最高峰と日本の野球の最高峰どちらでも最大のタイトルの獲得と言うことになります。

 

これはもちろん日本人史上初めてのことなので最大の功績と言えるのではないでしょうか。

 

まとめ

今回は『ダルビッシュ有がサイ・ヤング賞を獲得への条件!その凄さとはどのくらいか?』として書いていきましたがいかがでしたでしょうか。

ダルビッシュ有がサイ・ヤング賞を獲得できるかは通常でしたら発表は11月の中旬ごろとなりますが、今年はコロナの影響もあり早まります。

サイ・ヤング賞の発表は10月になると思われますので、今後のメジャーリーグに目が離せない状況となってきました。

と言うことで今回の記事はここまでとさせていただきます。

最後まで見ていただきありがとうございました。