ニュース

香川県のゲーム規制条例の内容は?どうやってやるの?

香川県でネット・ゲーム依存症対策条例案というものが定例議会で3月18日に可決されました。

このニュースは全国で話題になりました。

このネット・ゲーム依存症対策条例案というものはどう言ったものなのでしょうか?

内容をみてみます。

ネット・ゲーム依存症対策条例の内容は?

ネット・ゲーム依存症対策条例案の内容ですが、条例ですので全て書くとかえってわかりずらくなってしまいます。

なので抜粋して書いていきましょう。

・子供のゲームのプレイ時間を平日は60分にして、休日に限り90分までに制限する

・スマートフォンの使用時間は中学生以下は午後9時まで、高校生は午後10時までに制限する

こう言ったものが主な内容だ。

この他にもゲームを開発する事業者にも協力を求めるような内容も含んでいるようだ。

 

う〜〜ん。僕はゲームをたくさんしてここまで育ってきた(笑)人間なので子供達にこの条例はなかなか厳しいものだと個人的には感じる。

ただこう言ったものに条例がある、と言ったことでゲームのやり過ぎや、スマホの依存症と言ったことに少しでも効果があることだとも思うので、この条例が必ずしも悪だとは思わないです。

 

と、僕の意見で話が脱線してしまったが、みなさんはどう思うだろうか。

 

このネット・ゲーム依存症対策条例案が可決されたことで、香川県の子供達はどのように育つのか、興味深いことではあると思う。

 

そしてこの条例だが、破ってしまったことによる罰則等はないということ。

こう言った条例はできたが、干渉はせずに各々の家庭にお任せするということだろう。

 

まあ、こんなことと言ってはあれだが、こんなことで罰金をとりますなんていう条例ならさすがに可決されないとは思うが・・・。

ネット・ゲーム依存症対策条例案によってストレスで事件が起きてしまったり、もっと悪い遊びに言ってしまったりしないかなど色々と不安もあるがどうだろうか。

 

ネット・ゲーム依存症対策条例は一体どうやるの?

このネット・ゲーム依存症対策条例は先ほど書いたように罰則はない、各々の家庭でこう言った条例ができたので協力してもらうあくまで任意ということである。

このネット・ゲーム依存症対策条例を作ったのにはこんな意図もあるようだ。

親がコントロールするのはとても難しいので、行政のレベルで目安を設ける。

ということだ。

確かに親の言うことを聞くことは子供はほとんどしないと思うが、これが親が地方のえらい人から言われているというのを、知れば確かに子供も多少は納得するかも知れない。

 

なので結局のところ、親から子供に言うだけなのだが、説得力が違って来る。

 

と言うのが子供たちも感じることで、このネット・ゲーム依存症対策条例の効果を期待しているのだろう。

えらい人たちが家に押しかけてきて、ゲームのプレイ時間を計測・・・

だなんてことはないので、まあそこは安心しよう。

ネット・ゲーム依存症対策条例案に対する皆んなの声は?

 

Twiteerを見ていると否定的な意見が多い気がします。

2つ目の意見ですが、ごもっとも。と言った感じがします。

ただごもっともではありますが、こう言ったことを言い始めたらキリがないので、これはこれということで良いかとも思います。

まとめ

このネット・ゲーム依存症対策条例案の可決にあたり、パブリックコメントと言うものが多数寄せられた。

その件数は2600人以上というもの

この数は香川県としては異例多さのようだ。

結果はこの通りだそうだ。

思っているより、賛成が多いな・・・。

親の苦労が感じ取れる結果・・・。ということなのだろうか。

こう言った意見をしっかりと聞いた(汲んだ?)結果の可決という事なので、何もかも強引に決まったことではないということを最後に伝えておこう。

 

最後に

早くもこんなものを作った天才もいるようです。

 

 

この方の子供の時のゲームのプレイ時間は果たして・・・。