ニュース

アベノマスクが不良品?メーカーはどこ?カビノマスクはデマか?

いよいよアベノマスクが配布開始となりました。

東京都から順に配り始めた通称アベノマスクですが、その中に不良品と呼ばれるものの声がいくつか上がってきています。

アベノマスクは1世帯に2枚配布されるものとなっており、1世帯に2枚、しかも布マスクという事で批判が相次いだ事で話題に上がっていますが、なんとさらに不良品なのではという声も上がってきてしまっている事で安倍政権に追い討ちをかけてしまっている状況です。

 

さて、今回はそのアベノマスクの不良品は一体どのようなものか、またメーカーがどこのものなのか調べて行きます。

そして、中にはカビの生えたマスクなので、カビノマスクといったワードも話題です。

しかしこれはデマなのでは?といった声も上がっています。

これについても調べて行きたいと思います。

 

アベノマスクは不良品?

アベノマスクの不良品と呼ばれるものが一体どんなものなのかご紹介して行きます。

1枚目の写真はよく見ると確かに小さなコバエ?的な虫のようなものが確かに付着しているような気もしますが、写真じゃなんとも言えないですね。

ただ何かついているような気はします。

 

そして2枚目ですが、明らかに汚いですよね。これはカビなのがなんなのかわからないですけど明らかな不良品ではないかと思います。

こんなものが我々が納めている税金が使われていたら・・・と思うと確かに怒る人がいてもしょうがないような気もします。

しかし実はこの2枚目の写真は自作自演。つまり安倍政権を批判するのか、単なるいたずらか目的はわかりませんが、国から配られている、アベノマスクではないのでは?

という声も上がっていますので、見てみましょう。

 

このような声も上がっています。

確かにこんな状態のマスクを送るでしょうか?

検品も少なからずするでしょうし、こんなのがあったらさすがにわかりますよね。

また2枚目の写真を見て見ると確かに縫い目が違うことが伺えます。

比較写真はアベノマスクの梱包がされていることから本物で間違いはないと思いますが、あのカビだらけの写真はマスクだけの写真なのでやはり信憑性は薄いです。

いくつか不良品のような写真が出回っているが、本物と違うのではないかという声も上がっているのでデマやいたずらの可能性もあるので鵜呑みにはしないように!!

製造メーカーはどこなのか?

ここまで不良品?と思われるマスクをご紹介してきましたが、次は一体このマスクの製造メーカーはどこなのか?

こういった疑問があるのでこちらを見て行きます。

 厚労省によると、今月14日から妊婦用に配った布マスク計50万枚のうち、17日時点で変色や異物混入などの報告が80市町村から計1901件あった。政府が配布する布マスクは、国内メーカーの4社が製造。企業名は現在は明らかにしていないが、5月までに同省のホームページで公表するという。業界関係者によると、4社の中にはミャンマーの工場で生産している会社もあるという。

出典元:朝日新聞

こちらの記事にあるように、5月に公表するとのことなのでどうやら正確にどこの国でどこの会社が作ったのかは現状ではわからない状況です。

しかし記事にあるように業界関係者はミャンマーで作られているのではという声も上がっている。

しかし1つ正確なのは国内のメーカー4社が作ったということ。

メイドインジャパンではないものの国内のメーカーという事なので安心して良いのではとも思う。

・現時点で製造メーカーや製造場所は公表されていない。

・製造メーカーは5月に厚生労働省のホームページで公表

・確かなことは国内のメーカー4社が作った

まとめ

今話題のアベノマスクですが、批判が目立つ形となってしまっていますが、みなさんはこのアベノマスクについてどのような感想をお持ちになりますか?

我々が納めている税金がこのような形で使われていることになるので、批判が多くなるのも無理はないかと思いますが、なんとも難しい問題だと思います。

このような未曾有の事態で誰の文句も浴びずに国を動かすことなんて正直不可能だと思います。

今はみなさんが辛い思いをしているので、協力して頑張って行きましょう。

という事でアベノマスクが不良品かどうかという題材で書いて行きましたが、実際不良品なのか?ちょっと正確な情報は少なかったですね。

少なくともデマやいたずらをする人もいる可能性があるということも考えておいたほうがいいかもしれません!

そして製造メーカーの公表は5月に公表ということなので、今点も今後注目して行きたいですね。