ニュース

一律10万円はいつもらえる?子供は何歳からもらえるのか?

政府与党は国民に一律10万円の給付を16日決めました。

今回は難しい話はできるだけ省いて、国民に一律10万円給付していただけるということが決まったので、果たしていつもらうことができるのか?

一律10万円なら所得のない子供でももらうことができるのかということに絞って解説していこうとおもいます。

一律10万円はいつもらえるのか?

まずはこのような記事がありましたので見ていきましょう。

政府・与党は16日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、国民1人あたり10万円を給付することを決めた。所得制限は設けない。緊急経済対策を含む2020年度補正予算案を組み替え、減収世帯に30万円を支給する措置は撤回する。一律10万円給付は12兆円超の財源が必要になる見通しだ。

安倍晋三首相は16日夜、新型コロナの政府対策本部で、1世帯当たり30万円の支給策に関し「これに代わり給付対象を拡大した措置を講ずべきだ」と指摘した。そのうえで「すべての国民を対象に一律10万円の給付を行う方向で与党に再度検討してもらう」と述べた。

出典元:日本経済新聞

記事の重要な場所にマーカーを引きましたので見てみましょう。

まずは国民一人あたり10万円の給付を決めました。

さらに所得制限は設けないとのこと。

いわゆる国民ならば10万円はもらえるということ。

ということは所得制限は当然設けないということでしょう。

ですのでこの文を読むからには日本国民には一律に10万円はもらえるということですね。

そして12兆円の財源が必要とも書かれています。

この財源の確保には補正予算案を通す必要がありますので、この案が通らなければこの一律10万円というのはなくなってしまいますが、この補正予算案というのが何なのかはこの記事では一旦飛ばします。

まずは、もらえることになったとした場合いつもらえるのか見ていきます。

(3)いつ受け取れる?
総務省は「緊急経済対策の趣旨を踏まえ、可能な限り迅速な支給開始を目指す」としているが、申請の受け付けと給付の時期は各市区町村が決定する。市区町村は郵送での申請とオンラインでの申請のそれぞれに受付開始日を設定できるが、申請期限は郵送での申請受付開始から3カ月以内とされている。高市早苗総務相は4月20日の記者会見で、人口規模が小さい自治体では、5月から給付が開始できるとの見通しを示した。

出典元:日経ビジネス

 

個人向けの経済対策

まず、個人向けの経済対策ですが、全ての国民に対して1人一律10万円の給付に関しては住民基本台帳に登録のある新生児や外国人に関しても支給の対象になります。必ず自分で申請をする形になります。政府は5月下旬から6月上旬には国民に届くように調整をしています。ただ、外国に住んでいる日本人に関しては住民基本台帳がないので対象外となります。

出典元:花輪陽子

どうやら申請をしないともらえないみたいですね。

なのでもらうことを拒否される方は少なからずいることでしょう。

知っている限り、有名人で拒否を公言している方はすでに数名いらっしゃいます。

どうやら給付にはそこまで時間がかからないで済みそうですね。

6月上旬には一律10万円の支給は出来そうと言う記事が多いように感じます。

具体的にいつもらえるのかは、各自治体によって異なるでしょうが、今はまだ正確な情報は明らかになっていないです。

子供は何歳から受け取れるのか?

子供に関して働いていないのに本当にもらえるのか?

疑問に思っている親御さんが多いように感じます。

(1)給付の対象は誰?
4月27日時点で住民基本台帳に記載されたすべての国民。国籍は問わず、3カ月を超える在留資格などを持ち、住民票を届け出ている外国人も対象となる。総務省によると、海外に居住していても、住民基本台帳に記載されている場合は対象となる方針だという。

出典元:日経ビジネス

と言うことになっていますので子供であっても外国人まで対象になっているので不安はありません。

 

この一律10万円について世間ではこのような声がありました。

 

このように批判される方も多くいますね。

確かにこの政策が全体的に見てよかったのかと言われると人それぞれですね。

このように前の条件を満たした人の30万円給付から今回の国民一律に10万円にしたことで助かっている人もいることは事実ですね。

この方は、30万円もらえる立場だったところ、夫婦なので20万円に減ってしまったと言う例ですね・・・。

しかしもらえることにありがたみを感じ、さらに子供のいる家族が苦労しないなら文句はない。子供を守って欲しいと・・・。

こう言う記事を書いていると批判の記事をよく見ますが、たまにこのように優しく、人として尊敬できる考え方の人がいます。

心があったかくなるようなツイートは良いですね。

そしてこちらは呼んでいてなるほどそう言うパターンもあるかと思います。

まとめ

国民に一律10万円は給付はいつもらえるのか、子供ももらうことができるのか。

ポイントはこちらです。

国民一律10万円概要

・子供も所得関係なくもらえる。

・正確に書くと住民基本台帳に記載された人がもらえる

・給付時期は決まっていないが、5月から6月中にはもらえそう

といった感じです。

世間の声は一律10万円と言う額をもらえるわけですが、批判も目立ちます。

批判も大事だと思いますが、単なる文句の人も多いですね。

批判するわりに何が不満か書かない人が多いですね。

どうしたほうがいいのか、批判する方は書いたほうがいいと思います。

そんな中でもありがたくこの一律10万円と言うものに対して感謝を言える人もいた言うことも紹介できてよかったかなと思います。