ニュース

渡部建は性依存症だった?いったいどんな病気?タイガーウッズも?

渡部建は実は性依存症だったのではないか?本人が証言!

渡部建は不倫をしていて、さらに相手は7人以上いた? とのニュースです。これは衝撃ですよね。佐々木希という奥さんがいてさらに不倫相手7人は異常です。

 

この渡部建の不倫のニュースは、一週間経った今でも話題は持ちきりとなっています。これには、渡部建の異常な性癖?に注目が集待ったからでしょう。

というのも六本木ヒルズにある「多目的トイレ」に女性を呼び出し、事を行う・・・。

これにはネットでもやばいとの声が広がっていました。

このように信じられないという声も上がっています。

 

さて、今回は渡部健が自ら証言していたという性依存症についてどんな病気なのか見ていきたいとも思います。

またこの性依存症にかかったとされている著名人の紹介もしていきたいと思います。

渡部建の性依存症とはどんな病気なのか?

はじめに注意ですが、渡部建が性依存症かどうかは実際わかりません。

この渡部建が性依存症なのではないかとされる記事がこちらになります。

ここでは正式には僕は「ウッズ病」と語ったとされていますので、正式には性依存症と本人の証言が取れているわけではありません。

しかし渡部建がウッズ病を性依存症だと認識している可能性は高そうですよね。

 

そしてこの性依存症とは、別名セックス依存症と呼ばれています

この病気は一体どのような病気なのでしょうか?

こちらは性依存症で検索した時に出てくるWikipediaです。

性依存症(せいいぞんしょう、sexual addiction)は、性的な行動に対する嗜癖であり、精神疾患である依存症の一つである。主に性行為(性交渉)への依存が多いため、セックス依存症もしくはセックス中毒とも称される。

頻繁に「セックス依存症」という呼称が用いられることもあるが、依存する対象は実際に相手のある性交渉だけでなく、自慰行為ポルノへの過度な耽溺および収集、強迫的な売買春乱交露出や覗き行為、性的ないたずら電話、インターネットを介したアダルト・チャットなど全ての性的な活動が考えられる。依存者はそれらに性的な興奮や刺激に溺れることが習慣化し、徐々に自己コントロールを失っていく。ギャンブル依存や買い物依存などと同じく「行動への依存」に分類される。

性依存症は1970年代から主にアメリカで研究されてきたが、1998年クリントン大統領の不倫スキャンダルが性依存症に起因したものであるという説が取り上げられて以来、一般での認知度が急激に高まった。近年ではアルコール依存薬物依存ギャンブル依存(賭博依存)と並び代表的な依存症であるという考え方が広まりつつある。

出典元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%80%A7%E4%BE%9D%E5%AD%98%E7%97%87#:~:text=%E6%80%A7%E4%BE%9D%E5%AD%98%E7%97%87%EF%BC%88%E3%81%9B%E3%81%84%E3%81%84,%E4%B8%AD%E6%AF%92%E3%81%A8%E3%82%82%E7%A7%B0%E3%81%95%E3%82%8C%E3%82%8B%E3%80%82

となっているが、れっきとした病気であることは間違い無いのだがどのような症状が出たらこの性依存症と診断されるのか・・・。

渡部建が果たして病院に行っていたらこの性依存症と診断されたのか・・・?

などなど気になります。そのことについても今後言及があるのでは無いでしょうか?また病気ということの可能性があるということなので、これは診断して見ないといけないのでは無いかとも思います。

性依存症と診断された著名人では海外の人になりますが、アメリカの俳優のエディ・マーフィー(ホーンテッドマンション他)やマイケル・ダグラス(恋するリベラーチェ他)などなどいます。

そして、最近性依存症が日本で話題となったのはゴルフ界のレジェンド、タイガー・ウッズの不倫スキャンダルでしょう。

2009年に不倫スキャンダルが発覚して性依存症だという事を明らかにしています。

性依存症の診断基準の参考例というものがありましたので一部抜粋で引用させてもらいます。

 

まぁ、ですので性依存症の場合。
現実的にザックリ言いますと、たとえば、

「浮気を繰り返してしまい、そのことを気に病んで常に気持ちが落ち込んでしまう」
とか、

「浮気を繰り返しかつバレてしまい、それにより離婚の危機に」というレベルになって、はじめて病気の範囲なのではないかと思います。

出典元:ゆうメンタルクリニック https://yusn.net/man/464.html

 

ゆうメンタルクリニック

https://yusn.net/man/464.html

まとめ

このように渡部建が性依存症であったかはわかりませんが、少なくとも本人はそのように認識していた可能性は高いのではないでしょうか?

この性依存症は本人は気付かないだけで依存症にかかっている方も多いということなので、皆さんもしお悩みの方がいたらどこか病院に受診して見てはいかがでしょうか?

この渡部建をキッカケにやばいと思われた方もいると思います。

手遅れになる前にこの性依存症に対して、これを機に・・・と言ってしまったら語弊があるかもしれませんが、しっかりと向き合うのはいかがでしょうか・・・。